ご紹介 - 株式会社ひなデジタル出版
ひなデジタル出版

web・紙対応 総合編集プロダクションと
ダイレクトパブリッシング・文芸創作

ひなデジタル出版 ご紹介

ひなデジタル出版はNPOを前身とする株式会社です。現在では、紙媒体とwebの両方に対応した編集プロダクションとして活動しています。一円起業、木村一人だけの会社、という法人格を持つには最小単位での活動です。私はもともとライターでしたが、社会でのニーズを模索し、どうにか生きていこうと進んできた結果、現在の編集プロダクション事業に収まりました。

最初の起業は2008年5月「特定非営利活動法人ひなた」(福島県)になります。活動の目的は「まちづくり」で、ライティングを通して街の魅力を伝え、観光資源の発掘や地元再発見に寄与することをテーマとして掲げてきました。福島県内の各自治体観光課や観光協会、地元のたくさんの方々にご協力いただき、フリーペーパー「郡青(ぐんじょう)ひなた」を発行していました。
その後「郡青ひなた」を本格的な雑誌に育て上げ、大掛かりなムックとして電子書籍販売したいという思いから、2012年に株式会社化し、現在に至ります。会社名は「ひなた(言いづらくて一文字削った)デジタル出版(=電子書籍出版社)」から来ています。
結果として営利事業としての電子書籍販売は極めて難しかったのですが、今後も法人の顔として、また自分自身のライフワークとして、営利非営利問わず、ダイレクトパブリッシングへのアプローチは続けていきます。

私も40代となり、とっくに夢や理想は追わなくなり、今では自分ができることの範囲を広げ、出来うる仕事は何でもするというスタンスです。紙媒体制作、web制作から、高校生への学習指導まで、あらゆる名目を掲げていますが、広く表現者として、自分の培ってきた技術や感性を、社会の中で生かしていきたいと思っています。同時に、たとえ「何でも屋」と馬鹿にされたとしても、できることをさらに広げていくことで、生きる道を拓いていくのが現在のスタンスです。特にwebの世界は日進月歩なので、私自身がついていかなければなりません。

事業内容

編集プロダクション事業

現在中心に据えている事業です。webサイト制作とチラシ・パンフレット・冊子・名刺等の紙媒体制作の両方を行っています。

弊社作成参考サイト

郡山地区保護司会様

保護司という社会的に非常に大きな意義のある活動を担っている団体です。福島県郡山市。

しんあいゼミナール様

小論文や志願理由書、面接指導など推薦系の大学入試を得意とする学習塾。オンライン指導もやっています。

ゴルフレンジ・アミーゴ様

ゴルフ練習場、中古ゴルフショップの運営、修理工房など。フィットネスクラブ「24フィットネス・アミーゴ」も運営。

その他の事業

ダイレクトパブリッシング(電子書籍の直接出版)、「郡青ひなたweb」運営、教務協力(家庭教師・塾などへ出向)など、できることを何でもやっています。

郡青ひなた

この雑誌が弊社の法人としての顔であり、名刺のようなものでした。
福島県内の文化や民俗芸能、歴史、風景などを写真と文章で伝えています。
2007年に福島県に移住したのを機に、自分が憧れた福島の姿、地方だからこその良さを、ライターである特性を活かして表現したいと思ったのが、発行のきっかけです。
創刊当時は30ページ程度のフリーペーパーの形を取っていましたが、広告と印刷費の関係を考えた時、フリーペーパーという形態に限界を感じ、2010年で休止、現在は電子書籍と「郡青ひなたweb」の二部構成を取っています。

なお、電子書籍で本格的なムックにすることを考えていましたが、この媒体を売り物にしようとすること自体が困難であるため、全記事を「郡青ひなたweb」に掲載する方向で構成し直しています。
現在株式会社である弊社にとって、「非営利」と言う表現が怪しまれるようであれば、「まずは顔を強烈に売らなければ商品は売れない」という思いがあるとご理解ください。あとは、単純に私自身が生きている意味を実感し、地域を好きになりたいという想いがあります。

現在全面アップデート中。2021年夏までの完成を目指しています。

オレンジポケット

知り合いなど誰もいない、そもそも地域のことを知らなすぎる。現在の居住地那須のことを深く知り、また新たな輪を作りたいとの思いから、「郡青ひなた」の栃木県版を始めようと思っています。「郡青ひなたweb」のリニューアル完成を待ってのスタートです。

MENU